ソロ・キャンプツーリングBlog

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
カテゴリ:バイク レーダー探知機 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

RAMマウント アーム + サインハウス M8シリーズAパーツ Z320B

Z320B購入時、サインハウスから専用マウントパーツが出ていることは知っていましたが
強度的な不安から導入を見送ってしまい、
オクで買った汎用マウントパーツ(これも強度不足で変更)→RAMマウントと極短期間で変更してきましたが

サインハウスのAパーツは限定品と言うことが気になってしまい結局取り入れてしまいましたよっと(汗)。。。

DPP_g0647.jpg

サインハウスのM8シリーズマウントはA、B、Cパーツと揃えると諭吉超するマウントなので
とりあえず限定品のAパーツだけ取っておいて残りは追々と考えておりましたが。。。。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



RAMマウント ラバーグリップホルダー Z320B


バイク用レーダー探知機 Z320B。
設置完了していましたが強度が足りないためでか共振を起こしていたので
なんだかんだでRAMマウント化することにしました。。。

ってかRAMマウントに変更して実はもう2ヶ月経っておりますが・・・^^;
上げるのが面倒だったわけでも忘れてたわけでもありません(汗)
一応その間にラバーグリップホルダーの保持力の確認などしておりましたよっと。


DPP_g0637.jpg

左上から
ラバーグリップホルダー
アームロック
3インチアームパーツ(一応1.75インチの物も抑えてあります)
Uボルトベース
ボール付きダイヤジョイント


装着順は車体側から
Uボルトベース → アームパーツ(アームロック) → ボール付きダイヤジョイント → ラバーグリップホルダー

こんな感じになりますね。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ユピテル バイク用レーダー探知機 Z320B

2月19日 追記しました。

タンクバッグの変更からなし崩し的に始まったナビ周り変更計画。
タンクマウントしていたナビをスクリーンサポートへ移設、
電源のアクセサリー電源一括化、
防水タイプのレーダー探知機への変更、
そして探知機のスクリーンサポートへの取り付け。


DPP_g0560.jpg

スクリーンサポートの左側は
BMW純正パーツのナビゲーターホルダーを利用したzumo660クレードルで
右側がユピテル Z320Bです。
このレーダー探知機のマウントはサインハウスから専用のホルダーが出ていますが
少々不安があり、解決するまでの間、某オクで購入した汎用品を利用します。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

Tag : Z320B 

バイク用レーダー探知機 追記

DC接続時も防水、Bluetooth、内蔵バッテリー、データ更新有り
と、全部入りだと思われるものが出ていることに恥ずかしながらようやく気が付きましたので
前記事を補足する意味で上げときます。

ユピテル HP Z320B 紹介ページ



ただネットで見つけた値段を見るかぎり結構いい値段します・・・^^;
取扱店を調べてみると
バイク用品店やディーラーなど販路が限られているのも理由の一端でしょうかね。。。


しかしこれを見つけてしまった以上は・・・・ これも最適化計画の一端でしょうか(怖)



素早く手配しました・・・(汗)

今年はのんびり行くつもりだったのに・・・^^;

Tag : Z320B 

久々にバイク用レーダー探知機で一考

さて、以前はタンク上にマウントしていたナビですが、
タンクバッグを専用品にするためにまずテックマウントのパーツでハンドルブリッジに移設。

テックマウントのパーツ自体の精度他については申し分なかったのですが
悲しいことに位置的にまだ無理があったために今度はスクリーンマウントに移設予定です。。。

スクリーンに移設となると今そこに鎮座している自作防雨カバーをつけた車用レーダー探知機。

今後、場合によってはこれもどうにかしなくちゃならない可能性が出てきました。。


という経緯があって久しぶりにバイク用レーダー探知機でも物色してみることに。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



光電管式取締 VS レーダー探知機GL917

先日のこと、夜勤明けで眠かったんですが
せっかくの晴れ間ということで長瀞方面に3時間弱のチョイツーリングに行ってきました。

私のバイクには車用のレーダー探知機が取り付けてあります。
http://1200gs.blog90.fc2.com/blog-category-18.html

いつもの通り国道17号から国道140号に入り
その日も夜勤のため飛ばし気味に走っていると・・・・。

時間は確か午前10時ちょいすぎだったでしょうか。
対向車線の歩道に青っぽい怪しい人影が・・・・!
通りすがりでジーーーっと観察してみると路肩に2個の機器が置いてあるようで。

これが噂に聞く光電管?!
初めて見かけました~。
おそらく午前いっぱいは取り締まっているだろうと思い帰り道に引っ掛からないように・・。

そして帰り道。
アンダーパスを抜けてそろそろそのポイントです。
こういう状況って知らなければ間違いなくスピードが乗る状況ですね^^;

よくポイントを覚えていなかったので、
まだか、まだかと思いつつ左にばっかり注意を払って走っていると
いつの間にかにGSイエロー号と私は危険進度に乗り込んでいた?ようで・・・

・・・・・!!!

うぉ!ここか!!

今、現認係腰浮かさなかったか?!

ヤべーーーーorz

・・・・

事前に知っていたのに・・・
やらかしたと思いきや
あれ?
停止係は飛び出して来ず・・・
無事にポイント通過。

本気でえがった^^;
超えていたと思ってましたが実際はそうでなかったようで・・・。
もうホント、腰浮かすフェイントは勘弁してください。

ところで 光電管 VS GL917 は完敗!

話には聞いていましたがこのタイプに探知機はまったく効果なし・・・!
計測自体に無反応でもその後の連絡無線を察知できる場合もありますが
当然だけど前走車が捕まるなどして無線が使われないと探知できないわけで。

過信は禁物だと改めて感じました。
ETCが速度計測に使われるという実験も行われているようだし
今後こういった環境もどうなることやら・・・。
しかし今後も現役期間はゴールドライセンス維持を目指すのであります!

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

タナックス モトフィズ バイク用レーダー探知機 VZ-6000

私が以前愛用していたレーダー探知機 VZ-5000の新機種が発表されましたね。

タナックス モトフィズ レーダー探知機VZ-6000(2007冬新製品ページ)へのリンク

vz-6000_a2.jpg

vz-6000_d2.jpg

出典元 タナックスHP http://www.tanax.co.jp/

VZ-6000は今まで対応していなかったGPS機能が搭載されました。
またバッテリーが内蔵されバイクから給電しなくてもワイヤレスでの使用も可に。
その場合連続使用時間は約8時間、もちろんDCでの電源確保も可能

前機種で値段の割りにGPSが付いていなくて
情報の不足感からかなり不満もあったのですが、このあたりが改良されたようですね。
あとはどの程度まで濃い情報が入っているかですが
こればっかりは使ってみないと解りませんからね~。

しかし充電式のバッテリー駆動が出来たり等、使い勝手はかなり良くなっていると思います。
ヘルメット内にコードレスレシーバーが上手く埋め込めるスペースがある方など
VZシリーズが気になっていたらぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!


防水カバーを作り直しました

ちょっと更新間隔が空いてしまいました。
スクリーンを換えた事でレーダー探知機を
移設したため自作の防水カバーも作り直すことに。
前回の作成記はコチラ

2007_1118blog0003.jpg

前回作成した物。
アクリル接着剤の扱いに慣れてなくて
ちょっと見苦しい部分がありました。

2007_1118blog0004.jpg

さすがに3回(一度作り直したものの小さくて失敗を・・。)も作ると慣れてくるからか
接着剤の扱いもかなり上達したみたいです。
マウント位置の変更で形状もやや変更しています。

2007_1123blog0004.jpg

探知機のマウントステーを購入した際に
長いタイラップも売っているのを発見していたのでそれを使ってカバーは簡単にタイラップ留め。

走行の振動を拾ってカバーがビビることも無くなったし、ハンドル部分を見ると純正でもタイラップ使ってるので見た目なんて問題なしですよ?

日光下での視認性は背中越しに光が射し込む時はさすがに見えなくなりますが
この状況だとカバーが付いてなくても見えなくなりますね。
警告音に関してもカバーを付けることで
音が遮られるようなこともないので
カバーをすることによるデメリットは実質ないと思います。


読み終わったら→【バイクブログ】←応援クリックお願いします!

バイクに車用レーダー GL917 自作防水カバー

先日の記事、GL917 電源取り回しにて車体に仮付けしたGL917ですが
このレーダー探知機は車用のため防水性などは考えられていません。
そこでアクリル板を簡単に加工してカバーを作ってみることにしました。

2007_0831blog0003.jpg

アクリル板は加工性と耐久性を考慮して2mmの厚さの物を選びました。

2007_0910blog0002.jpg

カッターナイフでアクリル板の3分の1ほど切り込みを入れ、
切込みから折って形を合わせていきます。

2007_0910blog0001.jpg

アクリル用の接着剤。
思っていたより固着が早く、かなり強固に付着するため
はみ出してしまった場合は白く固まってしまうので扱いがちょっと難しいです。

2007_0910blog0003.jpg

指紋跡で汚れていますがなんとか順調に成形。

2007_0908blog0021.jpg

2007_0902blog0006.jpg


液晶画面を魅せるレーダー探知機なので、
見える場所に設置するため防水には気を使いますね。

カバーをつける前まではかろうじて2クリック分調整できたスクリーンが
カバーを付けた事でさらにクリアランスが無くなり
一番起きた状態で固定することになりました^^;

2007_0909blog0005.jpg

始動、間もないのでこの画像ではGPSを捕捉していません。

このレーダー探知機は待ち受け画面がとても面白い探知機です。
GPSを利用した標高、緯度経度、正確な時刻、電圧などを表示することが出来ます。
画面動画などのインプレに興味がある方はセパレート、一体式の違いのみで機能は同じなので
以前購入した兄弟機種LS918の記事を参照ください。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

バイクに車用レーダー GL917 電源取り回し

この記事は「GL917 仮組み」の続きです。
あくまで管理人GSイエローの個人的な取り付け記録であり
同様の加工をお勧めするものではありませんので予めご承知ください!

2007_0901blog0006.jpg


私のR1200GSには上の画像の位置にシガーソケットが後付されているので
単純に電源を取るだけでしたらこのままでも問題はないのですが
このシガーソケットはナビの電源用であること、このままでは防水対策が難しいため
レーダー探知機に同梱されているシガーソケット電源コードを加工し
電源をバッテリー直取りします。

今回のレーダー探知機用の電源取り位置は
以前HID取り付け時に配線ひき直しをしているので簡単に取る事が出来ます。
(引用が多くてスイマセン^^; 興味がある方は
リンクを別ウィンドウで開いて閲覧頂けると分かりやすいかもしれません。)

2007_0901blog0007.jpg

これを切ってしまうと取付を諦めたとき等、
オークションなどでの処分が難しくなります・・・。





・・・もう思い切って・・・!
2007_0901blog0008.jpg

チョキッ!
やってしまった^^;
これでもう後戻りは出来ません(笑)

2007_0902blog0007.jpg

こうしてシガーソケットをギボシ端子に付け替え
フロントカウル下で前もって分岐してある電源に接続しました。
この電源はヘッドライトカプラーから取っているため
エンジンオンで通電しますので電源管理も楽です。

2007_0901blog0010.jpg


配線が見えなくなりすっきりしました。

・・・が!
やはりレーダー探知機本体が大きいため
スクリーンの調整位置が上から2クリックまでしか使えなくなりました!(笑)

もうしょうがないですね、諦めます(笑)

次は防水対策ですが・・。
初めてのアクリル工作に挑戦してみようと思っています。


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
Sponsored Link
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
アウトドアリサーチ アルパインビビィ
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
オプティマス スベア 123R
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
各国 飯盒
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
TOAKS チタニウムトングセット
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパック
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンター
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー