ソロ・キャンプツーリングBlog

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
カテゴリ:バイクにナビ ミニゴリラ の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

ミニゴリラにとうとう防滴ナビ来ましたな~!

ミニゴリラに待望の防水(防滴)ナビが出てきましたね~!

正確にはSANYOがパナに子会社化されゴリラシリーズとして一本化されているので
「ミニゴリラ」ではないようですが・・・。


gorilla-navi.jpg
画像出典元 パナソニック gorilla SSDナビゲーション CN-MC01L




このマウントを見る限り残念ながら給電時には防滴対応ではないと予想されますが
(だけど自転車クレードル、上の爪の下部にあるコネクタ状に見えるものがなんなのか・・・?)

しかし内蔵バッテリーで4時間駆動するとのことで
雨の中4時間連続で走り通すなんて機会もなかなか無さそうだし
このあたりは使い方次第でどうにでもなりそう。



gorilla-mount.jpg
画像出典元 パナソニック gorilla SSDナビゲーション CN-MC01L


Bluetoothについては何の記述もないからスルーなんでしょうな。

zumoを使ってみて改めて思い直したミニゴリラの地図&ナビとしての高い性能。

GARMIN zumoシリーズももったいぶらずにもっと良いCPU載せて
基本性能をスープアップしてくれれば・・・・。


CN-MC01Lは詳細な続報が待たれますね^^

ミニゴリラ NV-SB360DT 音楽再生機能

最近携帯を替えてSDカードが余っていたのもあり
せっかく付いているものだからちょっと使ってみようということで
ミニゴリのAV機能をお試ししてみました。

最初そのままSDに音楽を移してたのですがNV-SB360DT上でファイルを認識せず。
PC上では認識しているので疑問に思っていたのですが
SDカードをNV-SB360DTで一度初期化することでこの問題は解決できました。

DSCF4762.jpg

DSCF4764_20081107110642.jpg

あればあったで結構便利ですね、これ。
音質を求める環境じゃないと割り切って使うなら案外使えます。

しかしバイク走行中だと最大音量でも
4000回転も回すとかなり聞き取りにくくなるのは仕方がないかな・・・。
さすがに街中とか公衆中では恥ずかしいので人気のない峠道とかで。

4輪ユースだったらおまけ機能としては使える機能だと思いますよ~。
360DTはバッテリー付なので場面(キャンプとか)によっては
携帯音楽プレーヤーとしてもつかえそうですね。

この記事で500記事目となります~!
開設からもう少し、あと3か月で2年です。
二日に一回以上の頻度で続けていけるのも飽きずに楽しんでいる証拠ですね。
今後ともよろしくお願いします。


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

ようやく実戦配備 ミニゴリラNV-SB360DT

なかなかバイクに乗れなかったのですが
先日、ちょいツーでやっと4GBミニゴリを実際の道路上で使うことが出来ました。

IMG_1171.jpg
マウントは以前と変わらずササキスポーツのナビホルダーです。
ツーリングマップルが見開きで収納できるタンクバッグと併用して使えるので便利でしたが
追加された経由地設定のおかげで今後は走行中にマップルを見る機会が減るので
もっと収納性に振ったタンクバッグに乗り換えようかとも思っております。

目的地まで複数ルートが引ける場合、
ナビが良くできてるほど無難なルートを指定してくれますが
バイクツーリングではいつも無難な所を通りたいわけでは無いのが難しいところです。
200DTではとりあえず目的地まで設定しておき方向確認ツールとして、
ツーリングとしてのルートは事前に練ってたルートを覚えておくか
走行中にマップルを見て都度変更していました。

IMG_1168.jpg
雨が降りそうな空模様だったので最初から雨対策。
防水箱を作ってもいいのですがそれでは見た目もかさばるしタッチパネルも使えない、
なにより今のところは雨が降ってもこれで充分なので実際に作る計画はありません。
袋ならコストも安いし痛んだらすぐ新しくできますし。

IMG_1166.jpg
見た目?
そんなの自分以外はじろじろ見るところじゃないし気にしません!

チョット使ってみて

屋外での液晶の視認性は
前機種までと比較すると高精細になった分かやや見づらくなった印象。
しかしそれでもまったく見えないことはなくバイクでもなんとか実用に耐えると思います。

新しくなったゴリラエンジンは動作がかなりスムーズ!
スクロールはタッチした瞬間からストレス無くはじまり
驚いたのがタッチしたまま指をずらすと
スクロールもずらした方向に立ち止まることなく動いたことですね。
200DTでも設定で緯度経度とマップコード表示を止めて
CPUの負荷を減らしてやればそれなりに動いてましたが
360DTはそんな気遣いはまったく不要ですね。

ナビ音声をFMトランスミッターに飛ばさない仕様が?ですが
ボリュームを大きくしておけば案内前のアラームが聞き取りやすいので
アラームが聞こえたらナビの方にも意識を配っておくことで
内蔵スピーカーでも使用上問題ありませんね。

また、今回からGPSアンテナが変更されたようです。
実際、200DTでは大きい窓2方向にある居間でも
窓際じゃないと測位できなかったけど
360DTでは小さい窓が一箇所しかない場所や
窓から離れた室内でも普通に測位しています。
トンネルから出たときのリカバリも早いのでジャイロ無くてもなんとかなってますね。

内蔵バッテリーを利用したワンセグの予約録画や音楽関係のAV機能、
パソコンとの連携などもありまだまだ使いこなせていませんが
200DTとは別物と捉えて間違いないですね。
乗り換えて正直良かったと思っています。

これでブルートゥースと防水が付けば完璧ですよ、サンヨーさん!

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

ミニゴリラでナビツーリング 経由地設定

カーナビゲーションで目的地を設定してナビする場合、
有料優先や一般優先などの検索条件はありますが
基本的には道幅などを考慮した上での最短距離案内となります。

目的地までの走行自体を楽しむバイクツーリングでは
ナビが指示したルートがそのまま走りたいルートと限らないことが多いですね。
最短距離、最短時間の条件では案内されない国道を並走する峠道や一車線の細道などなど。

そんな時に使う機能が経由地設定ですが
NV-SB360DTでは経由地設定方法が増えておりより実用性が上がってました。

ルートを設定後、任意の場所でタッチしたときに表示される操作ボタンの比較です。
(地図の尺度やタッチした場所はまったく同一条件となっています)
IMG_0946.jpg

NV-SD200DT

IMG_0954.jpg

NV-SB360DT

360DTではボックスに経由地の設定が改めて増えており
実質経由地を設定する機会が一番多いと思われる
ルートを参照しながら寄り道を選ぶ時に対応しています。

200DTではメニュータブ→ルート→経由地挿入場所タブと頻雑な操作が必要で
購入後一年が経っている最近になって
経由地ってどう設定するんだっけ?とマニュアルを読んだぐらいです。

今までは予め経由地を設定することなく
走っていて美味しそうな道があったら適当に進入するという使い方だったから
レポを書きながら後で気がつくような見逃しも多かったんですね。

やはりこの分野ではサンヨーは一日之長があります。
細かなところでもいままでよりさらに使いやすいナビになっているようです。


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

詳細地図比較 ミニゴリラ NV-SD200DT NV-SB360DT

ミニゴリラ 2GBと4GBの地図を簡単に比較してみました。
ランダムに選んだ3地点の50mスケールの地図を交互に並べています。
ご興味のある方は続きを読むをクリックすると地図画像が表示されます。

4GBになって掲載道路も増えているようですが
それよりも地形情報とでもいうんでしょうか、
森の部分が緑に表示されていたり建物がグラフィック化されていたりと
地図が見やすくなっているのが地図内容では一番の改善点に感じました。

売りである検索情報もほぼ不足を感じない要領になっているように感じます。

それよりも・・・
IMG_0872.jpg

2GBで操作しにくかった名称入力画面がしっかり改善されているのが嬉しい!
以前は一文字入力するのに行を選んでから語を入力する不思議仕様だったんですよね。
(たとえば「に」を入力するには、あ、か、さ、た、な、は・・・のな行を押してから表示される「に」を押すという一文字2ボタン仕様でした)
この不思議仕様により一語のボタンが大きく表示される事から
グローブをつけたままでも操作しやすいという意外な利点もありましたが
やっぱりこっち(4GB)の方が検索しやすいのはいうまでもありません・・・。


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

ミニゴリラ NV-SB360DT

minigorilla011.jpg

サンヨー ミニゴリラNV-SB360DTページ
http://www.sanyo-car.co.jp/gorilla/nv-sb360dt/index.html

以前記事で紹介した新バージョンのミニゴリラ4GB。
1GB、2GBと連続で乗り換えさすがに今回は見送ろうと思っていましたが
これ見て思わずポチってしまいました・・・(汗)

カーナビラボ ミニゴリラ詳細ページへのリンク
http://www.carnavi-labo.net/navi/sanyo/movie/nv_sb360dt/index.html

ここの動画2番ですね。
2GBで不満に思っていた点が見事に払拭され
挙動のあまりのスムーズさに驚き
ポチまでスムーズにいってしまったじゃないですか・・。

それ以外にバッテリーなしモデルだったので
たとえば家でルートを選ぶ時にACアダプターを引っ張り出す手間や
出先でもバイクのそばじゃないとルート設定できないのが不便に思ってまして。

バッテリー付なら家でのちょっとの使用ならACアダプタいらないし
ツーリング先で昼食の時などでもエアコンに当りながらゆっくりルートを練れるなぁと。
バイクで使うにはバッテリーレスモデルを選んでちょっと後悔していたんですよね。

ナビとしての性能に関しては10DT、200DTと使ってきてPNDとしては信頼を置けるものです。
当り前のルートを当たり前に設定してくれるものと思うことができます。
防水、耐振性を差し引いても現状ではミニゴリラがバイクのPNDとしては一番使いやすいかなぁ。

車で使っているHDDナビには載っていて200DTには載っていなかった中津川などの林道地図。
4GBになったことでNV-SD200DTに掲載されていなかった林道などについても期待しています。
品物が着き次第、地図の比較画像でもアップする予定です~!


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

とうとうミニナビに4GBきた~! ミニゴリラ4GB発表!

タンデムキャンプツーリング記事の途中ですが
待ち望んでたものがとうとう出たので思わず発表です。
minigorilla011.jpg


海外製品が最初に2GBの壁を破ると思っていましたが
(国内メーカーは単価&利益率の高い大容量HDDモデルを抱えているため)
サンヨーがとうとうやってくれましたね~。
2GBでも充分実用性がありましたが200DTに掲載されていなかった
林道などを含めた詳細地図の出来具合が気になりますね。
検索機能についてはもはや不足はほぼない物と感じます。

最近、ガーミン(zumo)に行こうかちょっと考えていたんですが
これで思考は振り出しに戻りました(笑)

速報版 メーカーサイト http://www.sanyo-car.co.jp/gorilla/nv-sb360dt/index.html

ニュースリリース (スペックシート有) http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0804news-j/0408-1.html

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

ミニゴリラの配線を引き直しました

ひさしぶりにバイクナビ、ミニゴリラネタです。

注!この記事は管理人の個人的な取り付け記であり同様の改造をお勧めするものではありませんので予めご了承ください。

以前の記事、R1200GS 配線引き直しにて
後付したシガーソケット電源をバッテリー保護や利便性の観点から
エンジンの始動でon、offするように引き直しをしました。

しかしこの接続方法だと
ちょっとナビのルートを変更したいときやただ単に地図を参照したい時などに
わざわざエンジンを始動しないとならないなど、
細かいところで不便が出てきてしまったのでバッテリーから直接電源を取るように引き直しを施しました。

2007_1023blog0001.jpg

新たに用意した物はソケットとスイッチです。
ミニゴリラのシガーソケットには通電を確認するLEDが付いていて
常時接続だとこのLEDが付きっぱなし・・・。(ってことは常に12V→5Vしている?)
この状態は精神衛生上よろしくないのでスイッチで簡単に通電を管理できるようにします。

2007_1023blog0002.jpg

せっかく前回ですっきりしたのに・・・また配線がにぎやかになってしまった^^;

2007_1023blog0003.jpg

サイドカバー内を通し・・・

2007_1023blog0004.jpg

ナビを使わないとき、コードはタンクバッグへ。
今回の主目的はエンジンを掛けなくてもナビが使えるようにすることですが
別のメリットも。
乗、降車ごとにいちいちシガープラグの取り付け取り外しをしなくてもすむようになることと
私がGSに取り付けた後付シガーソケットは防水ですが、
ミニゴリラのプラグが防水ではないため雨が降ったらプラグの防水が必要だったのですが
プラグを濡れにくいシート下に置くことで防水を考える必要もなくなるかなと。

2007_1023blog0005.jpg

シートに隠れるようにスイッチを。
もし雨で浸水したら防水スイッチに買い替えです。

電源の切り忘れだけは気をつけないとなりませんね・・。
しかしまたちょっとGSが便利になったので良しとしますか。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!


ちょいっと朝飯前名水ツーリング

栃木県佐野市にある出流原弁天池湧水
2007_0729blog0008.jpg


7月22日 またまた早朝から出かけてきました。
(たまには丸一日走りたい・。)

弁天池に着いた所で自宅で起床したカミサンより連絡があり自宅付近は大雨とのこと。 
こっちは少しですが日が差しています・・。

2007_0729blog0002.jpg

2007_0729blog0001.jpg

おいおい・・。ナビの案内どおりの道なのに河川敷ですか?!
どうやら私のミニゴリは三桁県道がお好みな様子(笑)

2007_0729blog0003.jpg


今回はなんとなくミニゴリラを先日購入したタンクポーチ に入れて使ってみました。
上のアップ画像も同じ条件の画像ですが思ったより光の反射も少なく普通に使えました。
一番お手軽なマウント方法かもしれませんね。
唯一欠点があるとすればナビホルダーより視点移動距離が増える点です。

2007_0729blog0006.jpg


2007_0729blog0007.jpg


名水って飲める水だけじゃない?!

行き道で一方通行路を案内されたので帰りでそこをどう通るかと思っていたら
しっかり迂回するんですね~、2GBでも実用性は充分に感じました。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!



ミニゴリラ 意外なルートを・・・

日光ツーリング、新4号バイパスから国道119、120号までの実案内走行のレポです。

私のミニゴリラのルート探索条件は
おまかせ、有料優先、一般優先、距離優先 の中から

距離優先
自動再探索 する
フェリー使用 する
通行規制を考慮 する となっています。

ルート表示はこちら(グーグルマップへのリンク)

今回以外でも距離優先にしていると思いの他なルートを引いてくれます。
普通のナビなら国道を案内しそうな国道、県道併走ルートに於いて県道を案内したり、
1,5・1車線県道に案内したり・・。

イメージ的に好く言えば地元の人しか通らない抜け道を走るといった感じでしょうか?

んでも今回に限っては宇都宮北道路から行く方が早かったと思いますけどね(笑)

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!


ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
Sponsored Link
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
アウトドアリサーチ アルパインビビィ
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
オプティマス スベア 123R
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
各国 飯盒
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
TOAKS チタニウムトングセット
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパック
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンター
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー