ソロ・キャンプツーリングBlog

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 

ちょいっと朝飯前名水ツーリング

栃木県佐野市にある出流原弁天池湧水
2007_0729blog0008.jpg


7月22日 またまた早朝から出かけてきました。
(たまには丸一日走りたい・。)

弁天池に着いた所で自宅で起床したカミサンより連絡があり自宅付近は大雨とのこと。 
こっちは少しですが日が差しています・・。

2007_0729blog0002.jpg

2007_0729blog0001.jpg

おいおい・・。ナビの案内どおりの道なのに河川敷ですか?!
どうやら私のミニゴリは三桁県道がお好みな様子(笑)

2007_0729blog0003.jpg


今回はなんとなくミニゴリラを先日購入したタンクポーチ に入れて使ってみました。
上のアップ画像も同じ条件の画像ですが思ったより光の反射も少なく普通に使えました。
一番お手軽なマウント方法かもしれませんね。
唯一欠点があるとすればナビホルダーより視点移動距離が増える点です。

2007_0729blog0006.jpg


2007_0729blog0007.jpg


名水って飲める水だけじゃない?!

行き道で一方通行路を案内されたので帰りでそこをどう通るかと思っていたら
しっかり迂回するんですね~、2GBでも実用性は充分に感じました。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!



エアクールシステムブルゾンの画像をアップ

これから進める作業のために
外でエアクールシステムブルゾンを着ながらバイクに跨って採寸をしてました。

うーん。夏はやっぱり暑いみたいです(爆)
エアコンの室外温度計で34度ですから当然かもしれませんけど・・^^;

※注!ここから下は私の主観意見です※

でも少なくともTシャツ一枚でも当然汗が出るぐらいの暑さで
こんなにごついジャケットを着てるという体感温度ではないですね。

私的な感覚ではTシャツ一枚とさほど変わらない体感温度に感じます。
考えたらエアコンと違い冷気が出るわけではありませんので
Tシャツだけのときより涼しくなるというのは少々虫のいい考えだったかもしれませんね。

胴体部分は汗が出るそばから蒸発していくようなので、
ベタベタせず何か良い意味で妙にさっぱりとします(笑)
それだから余計か額から出る汗がかなり気になってしまいます。


2007_0728blog0002.jpg

Mですが胴回りは2サイズぐらい上を着ている感じです。
でも丈が合っているので妙な感覚。

2007_0728blog0008.jpg

2007_0728blog0007.jpg

エアの吸い込み口、こうみると結構出っ張ってますね。

2007_0728blog0003.jpg

2007_0728blog0004.jpg

(株)空調服さんが技術提供しているらしく社名が記載されているファン部分。
&肩甲骨のプロテクションパッド。

2007_0728blog0005.jpg

背中のパッドです。
肩、肘のパッドもこれと同一素材のパッドが入っています。
全体的にプロテクションパッドはちょっとペナペナで頼り無いですね。

2007_0728blog0006.jpg

電源操作部分はしっかりと左側についています。
停止時でもブレーキを握ったまま操作できるように考えられてますね。

これを着て外に出るときにちょうど宅急便のお兄さんが来ました。
さすがに目を丸くしてましたね(笑;)

購入先はこちら→

HONDA ホンダ/A/W エアクールブルゾン

HONDA ホンダ/A/W エアクールブルゾン



記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

ホンダ エアクールブルゾンが届きました

昨日webikeから先日の記事で注文したエアクールブルゾンが届きました。

HONDA ホンダ/A/W エアクールブルゾン

HONDA ホンダ/A/W エアクールブルゾン


webikeのアパレル製品はサイズ交換が可能なのでとりあえず試着でサイズ確認。

ゴールドウィンのメッシュジャケットがMでぴったりサイズだったので
今回はMかLで悩んだ結果、Mに。

試着してみると空気の通り道のためかMでも大きめサイズでした。
バイクウェアは風でバタつかないようにしっかりフィットする物が普通ですが
一応ウェスト部分と袖の部分は絞ることが出来ますが、これはかなりダボッとしておりどうなんだろう・・。

気になってた換気機能は思ってたよりは
効果がある印象で涼しいというよりは
心地良いといった感じですね。

夏はどうしたって暑いものですね。
メッシュジャケットより適応できる温度幅が大きいことを期待して購入しました。

例えば、
メッシュジャケットが20~30℃が快適なら
これは15~28℃ぐらい向け+停止時もちょっと気持ちよいぐらいだと思ってれば期待通りとなるでしょうか?

さて実際着て走行したら期待に応えてくれるかな~。
楽しみです。

読み終わったら→【バイクブログ】←応援クリックお願いします!



ミニゴリラ 意外なルートを・・・

日光ツーリング、新4号バイパスから国道119、120号までの実案内走行のレポです。

私のミニゴリラのルート探索条件は
おまかせ、有料優先、一般優先、距離優先 の中から

距離優先
自動再探索 する
フェリー使用 する
通行規制を考慮 する となっています。

ルート表示はこちら(グーグルマップへのリンク)

今回以外でも距離優先にしていると思いの他なルートを引いてくれます。
普通のナビなら国道を案内しそうな国道、県道併走ルートに於いて県道を案内したり、
1,5・1車線県道に案内したり・・。

イメージ的に好く言えば地元の人しか通らない抜け道を走るといった感じでしょうか?

んでも今回に限っては宇都宮北道路から行く方が早かったと思いますけどね(笑)

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!


早朝ツーリング 日光 いろは坂~金精峠

2007_0725blog0011.jpg

今回のこのルートは前愛車時に良く通っていたルートでした。
いろは坂はバンク角が無かった私の愛車だとかなり苦労していましたが
金精峠がそのバイクにはちょうどいいワインディングで気に入っていたんですよね。

ツーリングルートはこちら(グーグルマップへのリンク)

7月25日
予報は曇りと絶好?のツーリング日和だったので早朝から出かけてきました。
ガソリンがほとんど入っていなかったので
まずは24時間営業のセルフスタンドを見つけるために走っていましたが
こういう事は事前に方面別に調べて記憶していた方がいいですね^^;

なんとか24オープンのセルフスタンドも見つけ快調にいろは坂まで。
あれほど苦労していた坂道もGSなら楽勝なんですね・・。

早朝ということもあり上までほとんど通行量がなくあっという間に奥日光に。
・・ということで写真無し^^;

2007_0725blog0001.jpg

中禅寺湖畔で一枚。

あれほど気に入っていた金精峠ですが
GSだと簡単というかちょっと物足りなくなってしまいました。
乗り物によってこれほど変わるものなんですね~。

金精峠にて以前の記事で作製した自作デジカメマウントを運用してみました。
耐振などは問題を感じませんでカメラも非常に安定し動画もバッチリでしたが・・・。

撮れたビデオの臨場感の無いことと言ったら・・。
とてもここに投稿できるものではありません^^;

バイクの販促用ビデオなんかの映像はやっぱりプロだからこそ撮れる映像なんですねぇ・・・。


午前8時。白根温泉 加羅倉館
2007_0725blog0008.jpg

通りすがりに「この時間は向かいの本館にてお会計後・・・」の看板が!

2007_0725blog0009.jpg

まさかこんな早朝から温泉に入れるとは思ってませんでした。
見た目温泉というよりは銭湯といった作りなんでしょうか?
ほぼ無色透明、かすかに塩っぽさがありさっぱりとした印象の湯でした。
入湯料大人410円。


2007_0725blog0012.jpg


今回のルートでは金精より、いろはよりも県道62号線が面白かったですね~。
距離的にもほどよく早朝なのに温泉も満喫できたのでだいぶ満足感の高いツーリングとなりました。

お昼前には帰宅。
カミサンも怒ってなかったので良かった一日でありました。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

レーダー探知機 コムテック LS918 インプレ

バイク用品ではありませんが以前ちょっと記事にしたところ
「LS918」のキーワードでグーグル検索されていらっしゃることが
増えてきていますのでブログの趣旨からはちょっと脱線しますがインプレすることにしました。

前回の記事で本体、アンテナ、電源コード(ヒューズタイプ)の内容を紹介しましたが
電源コードはヒューズから取るタイプの物と、
普通にシガープラグのタイプの2種類が同梱されていました。

2007_0723blog0002.jpg

最初は下に写っている増設ソケットからシガーソケットで電源取りしていましたが
ゴチャゴチャして見た目が悪いためヒューズ電源に繋ぎ替えました。

2007_0723blog0003.jpg

アンテナ線と電源コードをドアとの隙間に通し
フロアカバー下に這わせています
左側のコードがアンテナ線、右側はシガーソケットの配線です。

2007_0723blog0001.jpg

ヒューズ電源です。
ウィンドウォッシャースイッチのヒューズ?と思われる10Aのヒューズと差し替えてます。

2007_0723blog0005.jpg

アンテナ部分は助手席側へ。
この部分は熱線反射フロントガラスなど、車の条件により車外に取り付けることもあるようですね。
うちのステップワゴンの場合はここで問題なくGPSを捕捉します。


↓起動画面の動画です↓



起動画面からGPSの補足、待ち受け機能の切り替え、デモモードと動画を撮ってみました。

起動後はオートモードの場合、
GPSから車速を割り出し時速20km毎にレーダー感度が上がっていきます。
この機能のおかげで停止時などは無駄な警告音がならないようですね。

※動画内、待ち受け機能切り替えシーンですが
緯度、経度を表示するモードもあるのですが都合により割愛しております^^;

色々なサイトを参考にしたところ、GPSのデータ量はセルスター、レーダー感度はユピテルがいいみたいですね。
コムテックは各機能面においてバランスがいいという印象でした。
使ってみて画面の視認性もいいですしとても満足しています。
出来ればGSに積みたかったんですけどね^^;

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

モトガレージリモーション インターフォン

先日ケテルのブルートゥースの物が予約受付されていて
ちょっと気になったのですが
高嶺の花で私には手が届きそうに無くて諦めたのですが・・・。

これってそれとは違うのでしょうか?

モトガレージリモーション/インターフォン

モトガレージリモーション/インターフォン

なにやら新しく発売されたようですね。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

ポチッと エアクールブルゾン

セール最終日なのでなけなしの某ナスお小遣いでいっときました^^;

○○○○さんも煽るし(笑)
というかこういう変わった物が好きなんですよね

先日の記事で紹介したホンダ製バイク用空調服?です。

もし思ったとおり電源が入っている状態が涼しければ
暑ければ電源オン!

厚手の生地らしいのでそこそこ断熱性はあるかと思われ、
早朝出発時や夜間、標高が高いところなど肌寒いところでは電源オフ!

それで適応が難しい気温差を克服できるかもしれません。
はたしてそう上手く行くかな^^;

到着が楽しみですが
私の手元に来る以上、たぶん普通には使わないでしょう・・(笑)

電源は乾電池または別売バッテリーですが
これを現状で空いてるへラーソケットから取れないものかと・・。
来る前からそんな心配してちゃしょうがないですね。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

満願の湯 ちょい温泉ツーリング

7月16日お昼前後に時間が出来たので
軽く温泉ツーリングに出かけてきました。

2007_0716blog0007.jpg


ツーリングマップルでも紹介されている
秩父、皆野町にある満願の湯です。

2007_0716blog0001.jpg


浴室は撮影禁止となっていました。
というより洗い場がすべて埋まってしまうぐらいの混み具合で
浴室以外でもとても写真を撮るどころではありません^^;

泉質はいままで入った事のあるナトリウム系の塩辛い泉質とはまったく異なり、
ほぼ無色透明で口にするとちょっと苦みを感じる程度で、見た目では温泉??って思ってしまいました。
しかし上がってみて納得。
肌が本当にツルツルになってました。
美人の湯と言われているのは間違いありません。とても良い湯でした。

2007_0716blog0009.jpg


温泉にいく途中、なにやら有名な名水を見かけました。
コーヒーセットを持ってくれば
ここで景色見ながら美味いコーヒーを楽しめそう。
一枚目の画像はこの取水場の向かい側の風景なんです。
また通ることがあったら用意していこうと思います。

読み終わったら→【バイクブログ】←応援クリックお願いします!

R1200GS デジカメマウント 試作

※この記事は管理人GSイエローの個人的な自作記録であり
改造をお勧めするものではありません(すいません。)
運用されてカメラが飛んだりしても私では責任を負えませんのでご注意ください。

前回の記事から数日、クランプでハンドルに留める発想から離れ
ステーで直留めすることを思いつきました。
2007_0712blog0001.jpg

早速ホームセンターでステンレスステー(420円)を購入。

2007_0712blog0008.jpg

留める場所はとりあえず↑に。
ステーを買ったままでは幅が合わなかったため万力などを駆使して幅調整しました。
ステンレスは硬いですねぇ^^;

2007_0712blog0007.jpg

とりあえず先日購入したゴリラポッドを絡めて見ましたが・・・
足は工夫次第でかなりのレベルまで固定可能みたいですが
クイックシューのすぐ下の部分(最終的に角度を調整できる部分)がクネクネと^^;
これでは走行中だと風圧で後ろを向いてしまいそうです(笑)


2007_0716blog0021.jpg

最終的に先日の記事2で使った、物置に転がってた三脚の一部分をばらして使いました。
固定はステーのネジ穴をM10に拡大し別途用意したナットで雲台を固定。
そのままでは色合いがあんまりなので黒く塗装を施してみました。

2007_0716blog0019.jpg

思っていたより強度はありそうですが
自作ですので走ってみないと実用に耐えうるかわかりませんね^^;
撮影角度などはさすが三脚を流用しただけあり調整しやすいです。

2007_0716blog0024.jpg

必要ないときはノブナットを外して雲台を取り外すことができるので
あまり目立たなくて済みそうです。

三脚はカメラ用品店でワゴンセールで買ったような三脚ですし
新たに準備した物はステーとナット類を合わせて500円以下でとりあえずマウント出来ました。
次回のツーリングで走行動画試撮りしてみるしかないですね!

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
Sponsored Link
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
アウトドアリサーチ アルパインビビィ
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
オプティマス スベア 123R
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパック
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンター
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー