ソロ・キャンプツーリングBlog

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
カテゴリ:キャンプツーリング 準備編 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

秋冬用のコンパクトパッキングを考えてみた

紅葉が関東の平野部分まで降りてくる頃、
この時期は今か今かと薪ストーブを持ち出す機会を伺っているわけではありますが
以前から秋~初冬の装備で何処までコンパクトに振れるか?という点に興味があり
最近それに合うピースも整ってきたので一旦装備を組んでみることにしました。

例によって内容は動画にて~。




ストーブはスベアの方が楽しいんですが、
バックパックパッキングの場合、背負う時は縦、バイクに括り付ける時は横となりますので
いずれかの場面でスベア本体が横向きに仕舞われることになります
そうなると燃料漏れの心配もありますのでストーブは無難にガスを使用するということになります。

Tガスのボンベですが110g缶ならかなりコンパクトにまとまりますが
ちょっと煮込み系の調理をすると翌朝ガス欠になった経験が何度か^^;
1泊でも1缶にするなら250g缶の方がまず無難ですね~。

また今回のパッキングにも
雰囲気アイテムのキャンドルランタンや
無くても良いホットサンドクッカー、チェアキットなど
削ろうと思えば持っていかなくても良い道具が含まれていますが
あくまでキャンプも楽しむという目線でパッキングを選んでいます。

・・・

FIREBOX重たいのでピコグリル398が気になるこの頃・・・(汗)

道具沼の底にはいつたどり着けるのでしょうか(;´∀`)


ちょうどアウトレットで出てますね~!

バウンダリーパックは縦方向に荷物を詰める関係上、
先に入れたものが取り出しにくく、小物を細々と入れるっていう用途には全く向きませんw

バイクへの積み込み前などに荷物を背負って移動する必要がない場合は
オルトリーブのラックパックの方が圧倒的に使いやすいですよ~

それでも私がバウンダリーパックを使う理由は
パニアを含めたバイクへの積載の時に背負えたほうが色々都合が良いのと
テント、マット、イスなど大物をバウンダリーパックに、小物をパニアにと住み分ければ
バッグ自体の使い勝手の微妙さを克服できるからですかね~。

薪ストーブキャンプツーリングのパッキング!

先日の薪ストーブキャンプツーリングのパッキングの様子です。

でかい箱とでかい袋でポンポン入っていくからか、

持って行く道具は絞っているつもりなんだけどまだまだ無駄な物も持って行ってしまうなぁ。




パッキング完了!!

パッキング完了!!

明日はなるべく早く仕事終わらせてゴゴイチスタートで行きましょうかね~!

DPP_0324.jpg

バウンダリーパックはスッカスカ~!

包んだ後は楽なんですが深すぎて包むのがちょっと難しい。
バウンダリーパックはそんなバックパックです。

ミニマムパッキングへの一歩 その2

なぜまたしてもミニマムパッキングになびいて来たか?



積むために走行性能への影響が出来る限り少ない積載に有利なバイクを選んで、
パニア、トップケースその他、積載装置にも拘ってきました。

その集大成が?現在の左パニアのパッキングになり
色々な場面に対応しようとそこにたどり着いたわけで
ミニマムパッキングの為に減らそうと思っても、中々思い切ることが出来ないわけなんですよね~。



そこで自分のキャンプツーリングを改めて思い返してみると・・・。


使うと思って積んでいった道具が思いの外、使わない、使う場面がない事があったりします。


なぜか?


日中はツーリング主体ですからキャンプを張るのって日が暮れる前の夕方5~6時、早くても3時台。
ほとんど夜勤明けにそのまま走り出しますので、夜も基本的には早仕舞い。

キャンプの時間ってそう考えると案外短いんですよね。。。


なかなか荷物が減らせない自分に対して、
夕方5時に設営終わって寝るまでの間に何が出来るの?と問いかけてみる。

そう考えればなんだか自ずと取捨選択の必要性を感じてくる事になってきました。

私の考えるミニマムパッキングは決して
テント、マット、シュラフのみとかのストイックなものではなく
あくまでツーリングもキャンプも楽しむために必要なモノはしっかり持っていく。
このあたりの根本的な所は外さないよう考えます。


ではまず必要のないものを削って、使うかもしれないものもどうにかする。

ようやく糸口が見えてきた気がします。




おっっと、、ミニマムパッキングの為に超軽量テントを買うとかいう選択肢は今回無しですからね?



(;´Д`)



積載の見直しを図ってみる。ミニマムパッキングへの一歩?

パッキングをコンパクト、ミニマムなスタイルに持っていくことは、
今までのフルパニア積載からトップケースとシートバッグだけでの積載への可能性も見えて来るなど
準備、片付けの手間を軽減出来ることが大きなメリットですね。

また不便を工夫で乗り切るといったキャンプ本来の楽しみも濃くすることが出来ると思います。


と、理屈は重々わかってるんですが・・・・。


そもそも必要と考えて揃えていった道具なので
これらを削っていくのはこれまでの積み重ねを否定するようですごく難しい(;´Д`)

一筋縄では行かないので、まずはちょっとしたテーマを決めて取捨選択してみようと思います。

DPP_0212.jpg

チタンキャンティーン セットを主体にしたパッキング。
まずはこれから取り入れて見ます!

キャンプツーリングの準備リスト

いざ、設営しようとしたらグランドシートを忘れてきたり。

まぁそれくらいなら全然問題ないんですが、


たまーにペグがなかったり(;´Д`)


幕があってもテントポールを積み忘れていたり、


ガス補充をしていなかったり(;´Д`)


年々うっかり忘れが多くなってくるものなのですね(汗)


最近、私も物忘れが結構増えてきたもので、
パッキング時に積み忘れが置きないようチェックリストを作って出発前に確認するようにしています。
こいつは出かける前日などに、装備の選定をする時にチェックを入れて
準備の時にそのチェックを最後に見直しするようにして積み忘れが無いようにおります。。


忘れ物はこのお陰でだいぶなくなってきたんですが
ここの所、このチェックリストを見ながら

もっと積載を楽にすることは出来ないか??
大きなテーマになってきています。
えぇ、永遠の堂々巡り10順目ぐらいですww

具体的にはパニアは付けるにしても中身はほぼ入れず
(パニアには撮影機材とクーラーバッグぐらいで)
パッセンジャーシート上に括り付けるバウンダリーバッグ一つでパッキングを済ますことが出来ないか?!

私的に、焚き火があんまり美味しくない夏場は今後の準備期間です。
今のうちにパッキングをもう一度見直してみますかね~!


追記には恥ずかしながら現在のワタクシのチェックリストを載せています



1日1回ポチッと応援お願いします→にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



キャンプツーリング時の電源確保について

最近、ソニーのアクションカム HDR-AS300を導入した所、
付属の電池1本では2時間持てば良いところと、まったく容量が足りません。
電源問題に再度頭を悩ます結果となりました(;´∀`)

一応、予備電池として


おそらく定番であろうこのお安い電池セットがあるので純正と合せて電池3本体制ですが
これでもほぼ回しっぱなしでの運用となるアクションカムの性質上、電源不足は否めません。
実際電池2本使い切って、キャンプ中にモバイルバッテリーからカメラの電池の充電をやっていました。
帰りにはモバイルバッテリーもすっからかんに(;´∀`)


NC750Xにはデイトナのバイク専用電源を取り付けてありますので
(電源はACC連動なのでキーオンのときのみ通電してます。)

DPP_0188.jpg
走行中にモバイルバッテリーに充電。

キャンプ中などにモバイルバッテリーから各端末に充電という運用になりますね。


そうそう、今の太陽電池はなかなか性能が良くなっているみたいですね。


こんなソーラーチャージャーをカメラを固定している三脚に一緒にくくりつけて
発電しながらカメラに給電させれば少なくとも昼間は電池交換不要になるか??!!

うーん、、これではまたモノが増えてしまうなぁ(;´Д`)



これから始めるソロキャンプツーリング 道具選び

これからソロキャンプツーリングを始めるにあたって、
キャンツーギアをとりあえず的に揃えてみる時に参考にしたり、
ついでにちょっと注目を集めそうな道具をピックアップしてみました。

なんでとりあえず的って、やっぱりまずは安価だけどそこそこ使えるCP重視のブツでとりあえず始めてみて
その後自分のキャンツースタイルに合いそうな道具を選択していくほうがより深く楽しめるからですね~。
いきなり正解を掴んでしまうとその後つまらないでしょ(笑)

まぁ、いずれにしても正解を掴んだつもりがなぜか横道にそれていくものですが・・・(汗)

では早速!!!



続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


パニアを使わない薪ストーブキャンプ

数日前につぶやきました

結論から言うとシリンダーストーブORTLIEB ラックパックXLの組み合わせで
何ら問題なくGSへのバイク積載可能でした。

DPP_g0570.jpg

さすが89Lの大容量バッグでありますな。

おっと、そうそう。
道交法では積載装置からはみ出し積載可能な範囲が指示されておりますから
遵法精神に則りこれを載せるのであれば
当然はみ出した分を補うようにキャリアを延長加工する必要がありますからね?


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。




キャンプツーリングライダーの防寒対策

最近朝晩などの冷え込みがめっきりと厳しくなってきました。
私たちはキャンプは虫がいなくなってからの秋からがシーズンと言いますが
寒い時期のキャンプやツーリングを楽しむのはしっかりとした防寒対策があってのものですね。

ここいらで私が取り入れている事や試してみたいと思っている防寒対策を紹介してみたいと思います。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
Sponsored Link
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
下の『ブログ内検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

ブログメニュー
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
シックスムーンデザインズ ルナーソロLE
vihe ミニラーブ
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
焚火風防幕マンタリフレクター
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
アウトドアリサーチ アルパインビビィ
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
チタンソリッドペグ
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
サーマレスト トレッカーチェア
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
オプティマス スベア 123R
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
各国 飯盒
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
フォールディングスキレット
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
TOAKS チタニウムトングセット
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
スノーピーク たねほおずき
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ピコグリル760
折りたたみ串焼きBBQコンロ
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパック
シールライン バウンダリーパック
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


ノースの焚き火ジャケット
火の粉に強い難燃素材で焚き火のそばでも安心です

一押し滞在型・移動型キャンプ道具
私的移動型キャンプツーリングのキーアイテムに位置付けている道具です。 パタパタ広げ、サッと折り込む。展開・収納ともに超お手軽! 仕舞いは確かにでかいのですが他の荷物を絞っている移動主体キャンプツーリングならこれぐらいわけなく積めるはず?! 地面の硬さを感じることもなく寝心地も良。 折り込んだのを半分戻すと座イスにもなりますね。

フィールドローチェアーにしてからテーブルはもっぱらこれを使っています。袋から出してサクッと使えて安くて便利~! これは太いゴムを別途用意しておいて収納の際はゴムで止めておくと具合よろしいかと。

サブバーナーとしては勿論、使い方によってはこれ一つでも充分調理可能です。ブログに使用レポをいくつかあげてますのでご覧ください~。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカー角型 3
ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカー角型 3

パッキングしやすい角型コッヘル。調味料スタッキングもやりやすいです。これで出来上がる料理はツアラープラスと遜色ありません。角型はお湯を注ぎやすいのもポイントです。コーヒーの為にソロクッカーにケトルを買い足すならこのコッヘルにすればまとめて用を済ます事が出来ます。

アクセスカウンター
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー