ソロ・キャンプツーリングBlog

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 

TOURATECH R1200GS アクセサリー電源ユニット TPS15 装着!


さて先日届いていたツラーテックのr1200gs用アクセサリー電源キット TPS15を取り付けていきます。
フロント周りの電装品を入れ替える計画 実施中です!


DPP_g0537.jpg

ツラーテックジャパンからダウンロードできる日本語取付説明書によると
ボックス形状のユニットをタンク下のエアクリボックスに固定。
赤コードをバッテリー +
茶コードをバッテリー -
黄コードをヘッドライトハウジング下部のパーキングライトに接続とあります。


現在GSイエロー号のナビ、レー探、シガーソケットなどの電装は
バッ直配線から自作集中スイッチを介しスイッチ操作により電源を供給していましたが
これを導入することによりメインキーの操作のみで安全に電源管理をすることが可能となります。

ツラーテックジャパンのTPS15取付説明と
BMWリペアマニュアルからタンク脱着の項目を印刷していざ作業開始です!!!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



まずは左右サイドフェアリングを外して・・・。
DPP_g0559.jpg
(外した状態の写真取り忘れたのでこれは取り付けて戻す途中の画像ですが^^;この状態にするわけです。)
サイドフェアリングを外しガソリンタンクを露出させる・・・。
タンクカバーとフロントフェアリングを繋ぐ左右のボルトを外す。

そしてタンク左前の黒いポンプカバーははめ込んであるだけなので
左右に1cmずつくらいひねりながら手前斜め上に引き抜く・・・。


DPP_g0544.jpg

タンク右側の2本のバキュームラインと燃料ライン。
この燃料ラインの形状がBMWリペアマニュアルと違った構造だったので一瞬戸惑いましたが
(リペアマニュアルだと白いプラスチック側にクイックカプラーが付いていることになっていた)
手に持っているラインが燃料ラインですが
スポンジが付いている先、車体側に付いている丸いシルバーのボタンがカプラーのロックボタンでした。

ここは外す際にガソリンが吹き出る可能性が有りますので
ロックボタンはウェスを当てて押し込みカプラーをまっすぐ引きぬきました。


DPP_g0545.jpg

無事に燃料ラインを外し、(リペアマニュアル通りに白いところから無理に外そうとしなくて良かった^^;)
2本のバキュームラインはリペアマニュアル通り白いプラスチック部分で外しますが
元に戻すときの識別用にそれぞれテープを巻いておきます。


DPP_g0546.jpg

左前のポンプカバー内のカプラーはカプラーの爪の向きに気をつけながら外すっと。。


DPP_g0573.jpg

ガソリンタンク固定ボルト後ろ側(シートのちょうど付け根のところ。)を左右二本六角で外す。。。
固定ボルト前側はコの字になっていてはめ込んであるだけなので外さなくてOK。

DPP_g0557.jpg

そしてタンクを抱え込むように持ち(当然、燃料警告が出るぐらいまでガソリン減らしてからのが楽ですな^^;)
少し後ろに引いて前述の前側ガソリンタンク固定部分とコの字ステーとの噛み合いの様子を見ながら
後ろ上に引き抜く感じでタンク全体を取り去る。。


DPP_g0549.jpg

ガソリンタンク下の様子。
エンジンから生えている配線類の上方向への取り回しを見る限り
タンクとここの間のスペースは想像より広くないことが予想された。

黄色いテープ(HIDのリレーを固定してあります)が付いた黒い箱がエアクリボックス。
ここの前部にTPS15を取り付けますがユニットを当ててみると浮いてしまってうまく収まりません。

一度ガソリンタンクを被せて様子をみますが、やはり干渉してしまいます。
この時ついでにHIDの配線をひとまとめにしてタンク下に忍ばせてましたが
こちらも予想通りタンクと干渉している様子。
タンク下には束ねた配線を置けるスペースはほとんどないようです。。。

DPP_g0550.jpg

エアクリボックスの前にバキュームラインが通っているんですが
これの取り回しを少し前にずらしてやる必要があるみたいです。
バキュームライン前後の様子を見ながら無理がかからないように前方向にずらすと
TPS15を取り付けるスペースが空きました。

ユニットに付属の両面テープでエアクリボックスに貼り付けます。


DPP_g0558.jpg


さて配線の取り回しはどうすっかー?元に戻すのもなぁ・・・。

ガソリンタンクとハンドルブリッジの間。
ここ結構良いスペースが空いています。。

余った電源配線の類はゆるくまとめてここに収めることに。。


DPP_g0552.jpg

ついでに今までハンドルブリッジに自作ステーで取り付けていた防水シガーソケットは
純正オプションのヘラーソケットを増設する部分にホールソーで慎重に穴を開けて固定!
これの電源もTPS15から取ります。


DPP_g0553.jpg

余った配線を固定する位置が決まったら配線の取り回しも決め
TPS15の手前で付属のコネクタに付け替えていきます。


DPP_g0554.jpg

取り回しを決めたら次はTPS15の結線。
TPS15の取り付け説明書では黄色のコード(リレー電源)はフロント側まで取り回して
ヘッドライトハウジング下(ハイビーム側ライトの下)の
パーキングライトの青い配線から取るように指定されていましたが
ここの部分は非常に狭くてヘッドライトハウジング自体を外してやるのも面倒だったので
ETCの電源を取った時に見つけておいたリアのテールライトからリレー電源を拝借。。
自己責任ですがメインパネルにエラーも出ないしたぶん問題ないでしょう^^;

赤と茶色はそれぞれバッテリー+と-に結線。

結線が一通り終わったら外したタンクなどを元に戻していきます。


DPP_g0556.jpg

レーダー探知機は現在マウントパーツ待ち中なので配線だけフロントに回しておいて作業は一時完成。

メインキーとアクセサリー電源が連動すること&
バッテリー電源を外していますので
エンジン掛ける前にスロットルを二、三回全開にしてスロットルセンサーの検知を施します。

やはり既存の配線の取り回しに苦労して4時間ぐらいかかりましたかね~。

しかし苦労の甲斐有りメインキーのみで操作できるのはやっぱり便利^^




さてHIDの束ねたコードが見えなくなったのは大きいけど
バッテリー周りのコード思ってたよりすっきりしませんな・・・(汗)
かさばるHIDの配線はバッ直指定だしETCも今から取り回しを換える配線の余裕が無いし
ナビ電源はそもそもバッテリーからは一系統でその先で分岐していたから
一本減って一本増えたからバッ直配線は結局そのままだもんなぁ。

TPS15は今のところナビ、レーダー、シガーソケットの3系統使ってもう2つあるから
あとでもう一回開けて電熱ウェアの配線もこっちに移動しとこうかな・・・。

レーダー探知機の取り付けを含めもう少し詰めが必要です。




関連記事







一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!


Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます  [] [Edit]
2012.02.15 Wed 09:21  まっつ #-
鍵付き様
毎度です^^
STD-GSでのレポなんでADVだとタンクの脱着が・・・ちょいと分かりません^^;
しかしTPS15を工具入のところに入れている方もいらっしゃり
タンクを降ろさない方法も取れますしぜひチャレンジしてみてください^^
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
これは良さそうですね~
どうぞ教えて頂きたいのですが お願いいたします。
バッテリー端子が煩雑になって困っておりました。
黄色線は、ACC電源へつなげばよろしいのでしょうか?
また外部電源の接続は、平ギボシ?(名称分からず失礼)で+と-を接続するようになっているのでしょうか?
  [URL] [Edit]
2012.02.23 Thu 11:28  まっつ #-
アキさん
僕もシート下のバッテリー周りが大変なことになっていましたが
これを導入したお陰でだいぶすっきりしましたよ^^
単純に配線を他にやれるのも大きいですが
配線取り回しを見直すキッカケにもなるのが効果大ですな~!

仰るとおり黄色線(リレー電源)はACC電源に接続します。
GSで最も簡易的にその電源をとれるのが
記事中に記載しているパーキングライトの+電源コードです。
TPS15の取説でもそこからACCを取るのを推奨していますが
ウチのケースではすでにACC電源が取りやすい位置にはっきりと分かっていたリアのポジションライトの+から拝借しました。
(この配線はETCの取り付けの際にプロのメカさんに見つけてもらっていたもので、かなりの数の配線の束の中から探すことになりますので、これからACCを取るのであれば、やはりフロント側から取ることをお勧めします。)

一度TPS15ユニットを取り付けることが出来れば
画像の通りここから5系統の電源を取ることができますので
間違いなくバッテリー周りはすっきりとさせることが出来ると思います^^

一枚目の画像をご参照頂き、
白いシールに「TOURATECH +」「TOURATECH GND」と
書かれていますが上側が+端子
下側の列が-端子となっています。
それぞれの端子をキットに付属されている平型端子に付け替え接続します^^

自分この作業をやってみて
バッテリー周りがすっきりしたのも大きかったのですが
キー操作だけで電装品が一元管理出来るようになった事に最大のメリットを感じています。
これはオススメのパーツですね~^^
  [URL] [Edit]
コメント説明ありがとうございます

要するにこれはリレー回路のようなものということでしょうか?

リレー回路を通すのではなく、このTPS15 を使った場合のメリットは、
記事内容がおおよそでございますね、何らかのデメリットはございますか?

ヒューズが飛んだ場合、どの電装品に不具合が起きているのか?
特定ができかねるのではないか? と少々不安に思うのですが?

他車種 日本車でも使用可能でしょうか?
  [URL] [Edit]
2012.02.25 Sat 12:49  まっつ #-
アキさん
要はリレーに分配電源が付いている物ですね。

>>ヒューズが飛んだ場合、どの電装品に不具合が起きているのか?
特定ができかねるのではないか? と少々不安に思うのですが?

僕の考え方はちょっと違っていて
ヒューズが付いていて切れていくれることで
それ以上の負荷がかからない点が良いのではと思っております。

ヒューズが飛ぶという原因を特定するのは何れにしても面倒な作業です。
しかしこのユニットから電源を供給しているデバイスの不具合を特定するのは
それぞれ単体で付けている場合よりテスターを当てる箇所が数カ所増えるか否か。

不具合が起きた時のことを考えてあえて付けないという選択ももちろん有りです。
僕はそれよりも通常時の利便性を取りますが・・・。


>>他車種 日本車でも使用可能でしょうか?

すいません、正直わかりません。

Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
ありがとうございます


おっしゃるように、考え方は色々ですよね、
細かい情報を教えて頂き感謝いたします。
  [URL] [Edit]
2012.03.19 Mon 16:51  まっつ #-
アキさん
いえいえ力及ばずですいませんでしたm(__)m
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
https://1200gs.blog.fc2.com/tb.php/1242-05c72280
Sponsored Link
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
アウトドアリサーチ アルパインビビィ
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
オプティマス スベア 123R
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
各国 飯盒
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
TOAKS チタニウムトングセット
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパック
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンター
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー