ソロ・キャンプツーリングBlog

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 

積載用防水ダッフルバッグ オルトリーブ ラックパック(ORTLIEB RACK PACK)



フルパニアという広大な積載スペースがあってもなぜかいつも満載。
スペースがあればキャンプ道具を積んでしまう悪い?癖がなかなか取れません。

前回のキャンプツーリングでは
パッセンジャーシートに積んだJTC防水バッグの上をフリースペースとしていましたが
この方法では荒天の場合、上積みする荷物にわざわざ防水対策を施すなどしなければなりませんでした。

通常、万能フリースペースとして使われるトップケースですが私の場合では
カメラ機材の定位置となっておりこの部分を使うわけには行きません。
左パニアはマフラー熱の影響があり必然的に右パニアの有効利用が思い浮かびます。

ただ容量の大きい右パニアを空きスペースとしておくのはパッキング面でだいぶ不利になってしまいます。

DPP_f0969.jpg
そこでその容量を補うべく用意したのが、オルトリーブ ラックパック XLというわけですね。

防水ダッフル系のバッグはバイク用品系以外にも
ノースフェイス、パシフィックアウトドアなどから出ていますが
機能性を突き詰めるとオルトリーブに行き当たりました。

パッセンジャーシート上に追加上積みする余裕があるということなら
最初からそのスペースに積んでおきその分パニアを空けておけば
旅の経過で目に見える(手間のかかる)積荷の追加、移動等を軽減することが出来ると考えました。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



LかXLかで悩みましたがXLでもキャリアからはみ出さずに載せることができるし
キャリアに載せてしまえば安定感は一緒だろうということで大きい方を選択。
Zライトも余裕で入り過積載のやりがいがある?大きさです(笑)

DPP_f0970.jpg
この大きな開口部がオルトリーブを選んだ理由です。
これなら詰めやすく、現地でも必要なものが取り出しやすいですね。

DPP_f0971.jpg
ロールクロージャー式でチャック等は付いていません。

私が扱ったことのある止水ファスナーはどれも動きが渋く、
もしこの開口部を塞ぐ長さの止水ファスナーとなると・・・想像すると開け閉めが大変そうです。

DPP_f0972.jpg
ロールクロージャー式なら口全体をクルクルと一動作で塞ぎ、
2箇所のワンタッチバックルを嵌めるだけでOKです。
これだったらファスナー閉めるより早く防水性も確実でしょう。

DPP_f0973.jpg
しっかりとした持ち手とショルダーベルト付きです。




パッキングの方は・・・。
DPP_f0974.jpg
8インチダッチとフィールドローチェアーを無造作に突っ込んで・・・。

DPP_f0975.jpg
これまた開いたスペースを埋めるように適当に詰め込んで・・・

DPP_f0976.jpg
Zライトも入れちゃいましょう(笑)

DPP_f0977.jpg
89Lは伊達じゃないっすね!
普通ならこのバッグだけでも十二分にキャンプをこなせると思います

今回、まだまだ入りますが重量も考えないと持てなくなりそうです(汗)


DPP_f0978.jpg
あえて左パニアは付けないで載せてみましたがインナーボックスがあるわけではないので
小間物をガチャガチャ入れるだけだとやはり垂れ下がりますね。

右側のように底がすべてキャリアに乗っていれば大きさの割に安定感が有ります。

DPP_f0979.jpg
今まで右パニアに入れていた物殆ど全てとダッチとZライト、フィールドローチェアーが入ってるので
さすがにデカく見えますが私的には全然許容範囲。

これならまだまだ上積みも考えることが出来そうだけど
バッグの横方向にまだ余裕があったので今度はもっと左右に広げるように詰めてみよう。

DPP_f0980.jpg

これで左パニアは幕、設営関連専用。
トップケースはカメラ、手回り品、温泉タオル類
防水バッグにイスやら調理器具やらなんやら突っ込んで、入ればさらに着替え類
着替は入らなかったらJTCバッグで上積み?!

いずれにしてもこれならダッチを積んだりする私の荷量でも
右パニアは買出し、お土産、予備の防寒着入れなどのフリースペース専用とすることが出来るので
旅先で増える荷物も含めてすべて防水かつ気楽に積み込むことが可能となりました。



あとは「薪」・・・?!
薪はさすがに現地調達でいいかなぁ^^;








関連記事







一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!


Comment
2010.08.27 Fri 18:47  大尉 #-
なるほど、こちらのバッグは上開きなんですね。
これは、使い勝手が良さそうですね。
バイク用品の防水バッグは、横入れが多くて。
小間物を入れると、取り出すのに大騒ぎに成ってしまいますので。(^_^;A

しかし、GS乗りの方ってどうして過積載に成ってしまうのでしょう…。(自分も含めて)
昔、250のレプリカに乗っていた頃は
ミニマムパッキングだった筈なんですが…。(_ _,)/
  [URL] [Edit]
初めまして!
防水のダッフルだったらJR GEARのも安くて良いですよ。
  [URL] [Edit]
2010.08.28 Sat 00:11  バイク好きasu #wDBWJZG.
これは使い勝手良さそうですね。
止水ファスナーの防水バッグは浸水したのを見た事があるので、買うならロールクロージャー式と定めて一時期探しておりました。
まっつさんのこの画像見たらまた再燃しそうですよ。(笑)
私の場合、アドベンチャーのパニアだと上蓋にフックがあるので、縦積みにしてマフラー側の左のパニアの上はコットと薪、右パニアにはコールマンのイージーリフトチェア(アルミ)を載せています。タンデムシートは空けておいて、そこに買い出しの食材と酒をというスタイルでやっております。(私のヤフブロでもその積載画像公開してますw)
ただしこれは晴れの時のスタイルなので、雨天走行でも可能な積載を考えると、今のむき出し方法は使えないなと悩んでおります。解決策はもう少し考えてみようと思います。(@_@)
  [URL] [Edit]
2010.08.28 Sat 17:12  まっつ #-
大尉さん
そうなんですー!
上開きなんでパズルのような作業を強いられるパニアへのパッキングと違い
ポイポイと詰め込んで蓋をするだけなのでパッキングが非常に楽!

それとノーマルGSのタンデムシートを外した部分にある純正キャリアの枠は
長大物を積む際には結構邪魔なんですが
後ろから3枚目の画像の通りバッグなら形が変わって出っ張りも気にせず載せられますし!

>しかし、GS乗りの方ってどうして過積載に成ってしまうのでしょう…。(自分も含めて)

そこに積める場所があるから積んでしまうのです!(笑)

でもたまーにミニマム系パッキングに移行するのもやっぱり楽しめますよね!
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2010.08.28 Sat 17:18  まっつ #-
sugaさん
JR GEAR!
ナチュラムで見つけて30Lと比べて100Lの安さに惹かれたんですが
いかんせん情報が少なくて躊躇してしまい・・・。
今回は防水面での信頼性高いオルトリーブにしてみました。

sugaさん、JR GEARお使いでしたら雨中走行での体験などをお教えくださると非常にありがたく思います。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2010.08.28 Sat 17:23  まっつ #-
asuさん
アドのパニア上のフックは非常に羨ましい装備!
あれがあれば薪まで普通に積めちゃうんですよねー!

あ、薪を普通に積んでいくのもある意味問題があるかと思いますが(笑)

アドのパニアならパニアの上にさらに箱載せて
パニアonパニアなんていかがでしょうか?
ネタとしては美味しいかと(笑)
  [URL] [Edit]
2014.11.10 Mon 18:52  OPM♪ #wLMIWoss
私もXLをポチってしまいました。
たっぷり入りますね〜(^_^)/
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
https://1200gs.blog.fc2.com/tb.php/910-65b427c6
出発まで後、2週間。 今週中に注文をすれば間に合う!!って思って仕事中も頭の片隅でズーと考えてました。 考えて考えて何買っていいか... 2010.09.02 20:30
Sponsored Link
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
アウトドアリサーチ アルパインビビィ
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
オプティマス スベア 123R
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
各国 飯盒
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
TOAKS チタニウムトングセット
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパック
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンター
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー